目の病気:VDT症候群

VDT症候群
VDT症候群とは、VDT作業による健康トラブルの総称で、別名テクノストレス眼症(がんしょう)とも呼ばれています。

VDTとは(Visual Display Terminals)の略です。VDT作業とはディスプレイ、キーボードなどによって構成されるVDT機器を使って、データの入力や文章・画像などの作成・編集・修正等、プログラミング、監視などを行う作業」のことです。

VDT症候群はVDTを使った長時間の作業により、目や体や心に影響のでる病気で、肩がこる、首から肩・腕が痛む、だるいなどの症状やイライラ、不安感や、抑うつ状態になったりする場合もあります。

VDTの対策法として以下のようなことに注意しましょう。

・1時間ごとに10分ぐらいの休けいをとりましょう。
遠くの景色をながめたりして目を休めるといいです。そしてストレッチなどで体を動かしたりして、心身をリラックスさせるようにしましょう

・猫背や悪い姿勢を続けていると、負担がかって、目が疲れたり、肩こり、腰痛などをまねきます。姿勢に気をつけながら作業をしましょう。

・ほかには部屋の明るさを充分に明るくする、視線が少し下になる角度に画面がなるようにしたり、画面をの反射をさえぎるOAフィルターを使ったりなどがあります。


視力回復!サイト(レーシックも)メニュー

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ