目の病気:網膜剥(はく)離

網膜剥離(もうまくはくり)
網膜というのは、眼の奥にある厚さ約0.1~O.4ミリの薄い膜のことです。

ものを見る重要な部分で10層に分かれています。内側の9層は神経網膜といい、外側の1層は網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)といいます。
神経網膜には光を感じる細胞が並んでいます。

また、硝子体とは細かい線維でできたゲル状の透明な物質のことで、眼球の中に満たされてるものです。

網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)と神経網膜の接着は非常に弱く、何らかの原因で網膜色素上皮が、網膜からはがれて硝子体の方へ浮き出してしまうことがあります。

これが網膜剥(はく)離と呼ばれるもので、放っておくと失明する危険もあります。
中高年の網膜はく離は、「硝子体」が年をとることによって変性することで起こります。

網膜剥離の症状としては
ごみのようなものがちらついて見える飛蚊症(ひぶんしょう)
視野の端にピカピカと光を感じる光視症(こうししょう)
見ているものの一部がかけて見える視野欠損(しやけっそん)
視力低下などがあります。
飛蚊症も加齢による生理的な現象の場合もありますが、気になる症状があったら眼科に行くことをお勧めします。


視力回復!サイト(レーシックも)メニュー

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ