目の病気:緑内障

緑内障(りょくないしょう)
緑内障は「あおそこひ」ともいわれ、何らかの原因で眼圧(目の圧力、)が高くなり、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

目の中には血液のかわりとなって栄養などを運ぶ、房水と呼ばれる液体があります。目の形状は、この房水の圧力によって保たれていて、これを眼圧と呼びます。

眼圧はほぼ一定の値を保っています。一定量の房水が産生され、一定量流出することによってバランスが保たれているのですが、この流れに障害が起こると房水が眼に溜まって、眼圧が高くなります。

圧力が高くなると視神経が圧迫されて障害がおこってきます。
一度障害を受けた視神経は元にもどりません。
従って、できるだけ早く発見して進行を食い止めることが重要です。

緑内障にも種類があります。
原発緑内障、先天緑内障、続発緑内障に分けられ、原発緑内障はさらに開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障に分けられます。

注意しなけらばならないのは正常眼圧緑内障です。

正常眼圧緑内障は開放隅角緑内障に分類されます。
普通は眼圧が高くなっておこるのですが、正常の範囲内でも視神経が侵されることがあります。日本人に多くみられるそうです。

いずれにしても緑内障の多くは慢性的に徐々に進行していき、自覚症状がほとんどありません。
目が疲れやすく、ときどき頭重感があったり、照明などの光の周囲に虹が見えたり(虹視)、といった症状がでる場合もあります。
このような症状があったら眼下に見てもらいましょう。

診断の結果、緑内障であれば眼圧を下げるために色々な治療を行います。治療法としては薬物療法、レーザー治療、手術があります。

薬で眼圧を調整することができない時や、視野狭窄が進行する場合は、レーザーをあてて水(房水)の新しい出口を作ったりします。比較的安全で痛みも無く、入院の必要もありません。

レーザーでも効果がなければ入院手術が必要です。

視力回復!サイト(レーシックも)メニュー

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ