目の病気:ドライアイ

ドライアイ
パソコンの普及や、テレビゲームの流行などで、目を酷使しがちなため、ドライアイになる人が増加しています。 涙は常に分泌されていて、目を保護しています。

ドライアイは、この目を守ってくれる涙の量が減ったり、性質が変化したりして、目の表面にトラブルが起こることです。

適切な量の涙がゆきわたらないので、目が乾燥しやすくなったり、疲れやすくなったり、細菌やホコリなどから目を保護する機能が低下してしまいます。

ドライアイになると以下のような目の不快感がでてきます。


目が充血しやすい
目が乾いた感じがする
目が重く感じる
目がゴロゴロする
目が疲れやすくなる
目がかゆい
目が痛い
目やにがでる


眼精疲労の症状と同じような症状なので、見過ごしてしまいがちなのですが、ドライアイの方は、全国に約800万人いるといわれています。

普通は涙の量が減るドライアイが多いのですが、涙があふれるドライアイもあります。

目の表面の障害がひどくなってくるとそれが刺激となって涙の分泌が増えることがあります。
これをウエットタイプのドライアイといいます。


自宅でできる治療法としては、
・まばたきを意識的におこなう
・目薬を使う(防腐剤の入っていないもの。目薬はとても痛みやすいので防腐剤がはいっている場合が多いですが、防腐剤が目の表面の細胞を傷つけてしまう場合もあります。)
・加湿器を使ったりして部屋の乾燥を防ぐ
・パソコンやテレビゲーム、車の運転など、目を行使する作業ではこまめに休憩を取るようにする

症状がひどい場合や、上のように日常生活を改善しても症状が改善しない場合は眼科へいくことをお勧めします。

眼科では人口涙液タイプの目薬やヒアルロン酸ナトリウムの目薬で不足した涙を補う治療法が一般的です。

また、涙の蒸発を防ぐ「ドライアイ眼鏡」というものもあります。これは眼鏡に保湿用のカバーをつけて、目の周りの湿度を保って涙の蒸発を防ぐものです。


視力回復!サイト(レーシックも)メニュー

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ