目の病気:白内障

白内障(はくないしょう)

白内障は水晶体がにごることです。

目の中でレンズの役割をしている水晶体はもともとは透明で光をよく通します。

けれども目の中のレンズが濁ごるために、視力が低下してさまざまな症状がでます。

主な症状として
・明るい場所にでるとまぶしく感じる
・目がかすんで細かい文字が読みづらくなる
などです。

白内障には種類があるのですが、最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。

加齢に伴って誰でも個人差はあるものの水晶体は濁ってきます。

80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下があります。

ほかの白内障の種類として
・ぶどう膜炎などのほかの目の病気や糖尿病などの全身疾患に伴って水晶体のはたらきが悪くなって濁ってくる併発白内障
・遺伝などで生まれつきに水晶体の濁りのある先天性白内障
・目に傷を受けたために水晶体が濁ってくる外傷性白内障
などがあります。

白内障が進行して水晶体が濁ってしまうと、元のように透明にすることはできません。
白内障が軽い場合は進行を遅くするために点眼薬を使います。
それでも進行してしまう場合は手術をします。

白内障の手術は、濁った水晶体を取り除いて代わりに人口の眼内レンズを入れるという手術です。

近年の技術の進歩で白内障の手術は安全なものだそうです。

手術時間は10~30分程度で、外来での日帰り手術もできるのだそうです。

ただ、眼内レンズは水晶体のように調節力がないので、それを補うためにめがねが必要になってきます。


視力回復!サイト(レーシックも)メニュー

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ