視力回復トレーニング:眼球を動かすトレーニング法

視力が低下している人は、眼球の周りの筋肉が収縮して硬くなっています。
ですのでそれらの筋肉をやわらかくすることで、 目の調節作用がズムーズになります。

<眼球を動かすトレーニング法>
  • 1.顔や首を動かさないで、目の眼球を上下に交互に10回ぐらい動かします。(なるべく上下の限界まで動かします。)
  • 2.目の眼球を左右に交互に10回ぐらい動かします。(なるべく左右の限界まで動かします。)
  • 3.目の眼球を対角線に交互に10回ぐらい動かします。(なるべく対角線の限界まで動かします。)
  • 4.目の眼球を右回り3週ほど、左回り3週ほどまわします。

視力回復トレーニングメニュー

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ