視力回復トレーニング:3D立体視

3D立体視とは左右2枚の画像を、目の焦点をずらして1つにまとめて見ると立体に見える見方のことです。

この立体視をすると目の疲れが取れたり、癒されたりして結果的に視力が回復するのです。

3D写真で目がどんどん良くなる本 動物編 」によると、中心視野でものを見ていると目が疲れるそうです。

周辺視野で見ると疲れないそうです。
周辺視野だと眼筋はまんべんなく使われ、毛様体もレンズを厚くしたり薄くしたりとさまざまな働きをするので機能が低下することもなく疲れないのだそうです。

3Dの立体視には交差法(クロス法)と平行法(パラレル法)があります。

実はわたしも3Dの立体視の本を買いました。
買った本は先ほどの「3D写真で目がどんどん良くなる本 動物編 」と「楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ―目と脳を活性・強化、視力を向上させる驚異の3Dワールド! 」です。

けれども何度やっても立体視ができず、あきらめていました。

しかし最近本を引っ張り出してやってみたところ、やっと交差法(クロス法)が少しできるようになりました!

ただ、練習のページのところはできるのですが、実際の写真ページでやってみると…です。もう少し練習が必要なようです。

わたしが購入した本です。↓脳の活性化にもつながると書かれています。


3D写真で目がどんどん良くなる本 動物編 楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ―目と脳を活性・強化、視力を向上させる驚異の3Dワールド!


視力回復トレーニングメニュー

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ